MENU

審査に落ちる理由を自分で検証してみる

キャッシングの審査に落ちる理由はいくつも考えられます。借金が多すぎたり、年収が少なかったりといろいろありますが、審査に落ちた理由を教えてもらう事はできません。

 

でも、自分でひとつひとつ検証していくと、どうして審査に落ちてしまうのかの理由を突き止める事がある程度可能です。

 

収入の問題

キャッシングの利用条件の基本は安定収入です。正社員のみならず、アルバイトやパート収入でも融資は認められるので必ずしも収入の大小が全てというわけではありません。キャッシングには利用限度額というものが必ず設定されます。その額は申し込み時に希望の額を申告する事ができますが、最終的に決めるのは金融業者です。

 

希望する限度額は審査の行方を大きく左右する事があります。消費者金融の場合、年収の3分の1までの融資と法律で決められていますので、50万円以上を希望する場合には収入証明書の提出が必要になります。信用情報を見れば他社の借り入れの有無や残高も詳細に把握する事ができるので、既に多くの借金があるという事がわかればそれ以上の貸し付けは不可能となり、審査には通らないでしょう。

 

消費者金融や信販会社などの貸金業者では、総量規制というルールが明確なので、収入に対しての借入がどの程度あるかである程度融資可能かどうかは事前に簡単にわかります。審査に自信がないようであれば、住宅ローンや自動車のローンなどを除いた借金の総額が年収の3分の1を超えているかどうか確認してみましょう。

 

銀行のカードローンの場合は総量規制の対象ではないので、年収に対していくらまでという明確なルールは存在しませんが、だからといって消費者金融に比べて多くの借り入れができるとは限らず、あくまでも審査の中で返済能力の有無をしっかりと判断されます。

 

既に多重債務

審査に不利な条件としては、既にいくつかの業者でキャッシングを利用している場合です。総量規制の範囲内であれば複数社からの融資を受ける事はもちろんできますが、あまり多くの業者から借り入れをしているようだと、お金にとても困っている状況が想像されます。

 

借り入れをする業者が増える毎に審査には不利になっていってしまうので、もしも返済に困って新たに借り入れようと考えるのであれば、おまとめローンで借金を一本化してまずは返済に特化するというのもひとつの方法です。

 

金融事故の有無

いわゆるブラックリストに載っているかどうかという事になりますが、実際にはそんなリストは存在していません。そのような情報は国の委託を受けて信用情報を管理している機関へ照会されます。その情報には過去の借金の履歴や個人の属性情報が記録されていて、住宅ローンや車のローン、クレジットカードの利用履歴や携帯電話の端末の分割料金の支払い状況など、実際に見てみると自分でもあまり意識していないような借金についてもしっかりと記録されています。

 

この情報は本人であればもちろん見る事ができますし、委託を受けた第三者も見る事ができるのでキャッシングの申し込みの際にそれを同意している事になります。何かの返済がうっかり1度だけ滞った事がある場合には、金融事故とはならない事がほとんどで、3か月以上延滞し続けたり、延滞を何度も繰り返したりしている場合には「異動」という文字が記録されているので見ればはっきりとわかります。

 

この「異動」がひとつでもあると金融事故なので「ブラック状態」という事になります。金融事故の情報は5年ぐらい残ると言われていますので、かなり前の事であっても現在の借金に大きな影響を与えてしまいます。この状態ではどこに審査を申し込んだとしても確実に落ちてしまうほど大切な事です。

 

特に無意識の内に起こりやすいのが携帯電話料金の延滞です。携帯電話料金の延滞自体は信用情報とは関係がありませんが、端末料金を分割しているという意識がある人はあまり多くなく、滞納を続けてしまった故に信用情報に事故の記録が残ってしまうというケースもあるので注意が必要です。

 

初めての借金が有利というわけではない

借金なんて今まで一度もした事がないから大丈夫だと思いがちですが、実はこれは違います。借金すでにあり、過去に延滞等もなくずっと支払い続けているという記録があると、ちゃんと支払いをする人である事が証明されるので逆に信用が上がります。

 

借金がないから審査に落ちるという事ではありませんが、借金があるという事は決して不利な事ではないというのは事実です。ですからどのような状況であっても、安定した収入があって信用情報に傷がなく、他社での借金もそれほどないのであればキャッシングの審査は比較的通りやすいものとなるでしょう。

アイフル以外と比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日