MENU

キャッシング初心者が気になる審査基準と選び方

キャッシングをこれから利用しようという人にとって気になる借入の審査基準ですが、業者による違いよりも借入をする人の状態によって大きく左右されます。

 

利用する業者によって判断基準が異なるため自分の状態に最適な業者を選ぶ事が大切なのです。

 

専業主婦で収入がないなら銀行のカードローン

専業主婦は収入がありませんが実はキャッシング利用ができます。消費者金融では基本的に無収入の人にはお金を貸してくれません。

 

そのため銀行のカードローンがおすすめというよりも銀行のカードローンしかほとんど選択肢がありません。お金を貸してくれる業者というと消費者金融を思い浮かべるかもしれませんが専業主婦では審査で落ちてしまうのです。

 

主婦でもおすすめのカードローン!
女性におすすめレディースローン 主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲アコムのカードローンページヘ

 

配偶者同意書が不要の銀行を選ぼう

実は銀行のカードローンを利用するためには配偶者の収入から返済するため配偶者の同意書が必要になります。しかし配偶者の同意を得るためには借金するという事を伝えて同意を得るわけですから難易度は高く感じるでしょう。そこで配偶者の同意書が無くても借入ができる銀行を選ぶようにします。

 

実は一部の銀行では配偶者の同意書なしでキャッシングを利用できるのです。つまり銀行を選ぶ事で夫に借金がバレずにこっそりと利用することができます。また、仮に同意を得られる見込みがあったとしても借金のことについて伝えるのは精神的に辛いものがあります。同意書不要でも借りられる銀行があるのですから利用しない手はないでしょう。

 

同意書なしで借りられる銀行とは

具体的に配偶者の同意書が不要な銀行を紹介します。まずは有名な銀行だと「三菱東京UFJ銀行」「みずほ銀行」が挙げられます。メガバンクですから誰でも利用しやすいでしょう。更に「イオン銀行」「オリックス銀行」「楽天銀行」のカードローンも同意書が不要です。この他に地方銀行でも「横浜銀行」や「東京スター銀行」では同意書不要で借入ができます。

 

ここまで紹介した銀行では同意書が不要なため専業主婦でも簡単にお金を借りる事ができます。身分証明書と婚姻関係を証明する住民票だけで借入ができるのです。住民票の代わりに戸籍が確認できる書類でも受け付けてもらえますが住民票を利用するのが一般的です。横浜銀行や楽天銀行では住民票も不要となります。

 

学生のキャッシングに最適なのは消費者金融のカードローン

実は学生でもキャッシングの利用はできます。ただし銀行のカードローンでは学生不可としている事も少なくありません。場合によっては親権者の同意書があれば銀行でも利用出来る場合はありますが、なるべく同意書が必要な借入は避けたいと考えるでしょう。

 

そこでお勧めなのが消費者金融でのキャッシング利用です。銀行のカードローンでは学生可であっても審査が厳しい場合が多いので消費者金融を利用した方が良いでしょう。消費者金融であれば学生でもフリーターと同じような審査をしてもらえます。

 

20歳以上で収入があることが条件

消費者金融では学生でも借入ができると説明しましたが、収入があり年齢が20歳以上であることが条件となります。そもそも20歳以下の場合は契約を簡単になかったことにできてしまうためです。

 

また収入がなければ返済ができませんから当然と言えるでしょう。逆にこの条件さえ満たしていれば審査に落ちる事は希です。もし審査に落ちる場合は信用情報や現在の借入状況に問題があると考えるべきです。

 

即日融資を希望なら消費者金融

なるべく早くお金を借りたい状況に対応してもらえるのは消費者金融です。特に大手の消費者金融では即日融資をしてもらえる可能性が非常に高いです。銀行のカードローンは審査に時間がかかることが多いので避けた方が無難でしょう。

 

消費者金融では土日祝日でも即日審査してもらえますし受付時間も長いです。一方で銀行では土日祝日は営業していませんし営業時間自体が短いです。一部の銀行、例えば三菱東京UFJ銀行などは例外となっていますが、それでも消費者金融の方が早いでしょう。また審査に通過しやすいのも消費者金融なので急ぎであれば大手の消費者金融をおすすめします。

 

フリーターでお金を借りたい場合

特に急ぎでもないフリーターの場合は消費者金融でも銀行でも好きなカードローンを利用しましょう。フリーターだと審査に不利になるのではないかと考える人も居ると思いますが、フリーターでも長く勤めて安定した収入を得ているのであれば気にする必要はありません。

 

収入があり返済の見込みがあれば問題なく審査に通過できます。審査に落ちる場合はほとんどが過去の借入に問題があった場合です。その点にだけ注意していれば消費者金融でも銀行でもキャッシング利用できます。また当然ではありますが正社員であればより安定した働き方ですから同様に消費者金融でも銀行でも利用できます。

アイフル以外と比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日