MENU

消費者金融と銀行のおまとめローンどっちがおすすめ?

おまとめローンを利用しようという場合、やはり、サラ金などとラフな言われ方をする消費者金融よりは、かっちりとした金融機関というイメージの強い銀行で借りたほうが、金利としては得ができそうな気がします。

 

しかし、そういった思い込みだけで考えていると、実は消費者金融の方が金利がお得というケースを見逃してしまうかもしれません。もちろん、おまとめローンで必要な検討条件は金利だけではありません。いろいろな点から消費者金融と銀行を比べていってみましょう。

 

まとめたい借金総額が100万円未満の場合

借金の総額が100万円未満の場合は、おまとめローンの中でも少額の部類に入ります。このケース、消費者金融で選ぶなら、金利の安いアイフルがいいでしょう。

 

さて、銀行と金利を比較してみるとどうなるでしょう。銀行におまとめローンはないので、銀行カードローンの金利で比べてみます。

 

少額の借金一本化での金利は具体的に?

アイフルは15.0%です。そして銀行は、安い順に示していくと、14%台にそれぞれ、みずほ銀行が14.0%、三井住友銀行が14.5%、楽天銀行が14.5%、三菱東京UFJ銀行が14.6%とならんでいます。そしてじぶん銀行が17.5%、オリックス銀行が17.8%です。

 

こうして見てみると、アイフルとみずほ銀行は1%の差がありますが、他の銀行とはほとんど差がないことがわかります。またじぶん銀行、オリックス銀行と比べてみれば、あきらかにアイフルの方がお得です。

 

では300万円では?

次に、額を増やして300万円の借金をまとめる場合の金利を見ていってみましょう。300万円のケースなら、プロミスが一番消費者金融の中で金利が安いです。プロミスと、主な銀行カードローンは、金利的にはどちらがお得なのでしょうか。

 

まずプロミスは6.3%です。そして銀行で金利順にいくと、横浜銀行が6.8%、みずほ銀行が7.0%、三菱東京UFJ銀行が7.1%。すこし離れてイオン銀行が7.8%、三井住友銀行が8.0%、楽天銀行が8.7%です。見ればすぐわかりますが、意外なことにプロミスが、最も安い横浜銀行に0.5%の差をつけてトップなのです。金利面で消費者金融が優れているのです。

 

さらにいうなら、横浜銀行には、神奈川、群馬、東京に在勤、在住という条件があるので、金利の比較をする相手として、最安値はみずほ銀行かもしれません。すると0.7%も差があります。300万円の場合、100万円未満のおまとめローンよりも金利の差が大きくなるので、金利の差は重要になってきます。

 

ちょっと注意が必要なのは、楽天銀行は金利に幅があります。このケースは、300万円で、4.9%から12.5%という中間値を出して比較につかっています。

 

プロミス


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

さらにおまとめローンの利用額が大きくなると、ちょっと話が変わってくる

300万円までのケースを見ていくと、消費者金融で充分、いやむしろお得ではないか、というような結果が見えてきます。なんだ、これだったらプロミスが一番いいのか、銀行がお得というのは単なる先入観だったのか、と思うかもしれません。

 

ですが300万円というのは大きな壁であり、プロミス、アコムといった消費者金融はこれが限度額で、残念ながらこれ以上のおまとめローンは利用できません。

 

アイフルなら、500万円まで利用できるのだが…

アイフルを使うなら消費者金融でも500万円までおまとめローンが利用できます。ただし、金利は12%です。300万円までのケースを確認してきた目で見ると、おや?と思うでしょう。

 

銀行カードローンの、500万円のケースで金利を見ていきましょう

アイフル12.0%対して、みずほ銀行は5.0%、楽天銀行は6.4%、オリックス銀行は6.6%…。それほど例を出すまでもなく、アイフルがほとんど倍の金利になっていることがわかります。

 

そもそもアイフルは高額融資のためにやっていない

アイフルは、少額融資がメインなのです。ですから、500万円のおまとめローンの金利が高かったとしても、当然といえます。銀行カードローンの金利の方が安いという印象があるとしたら、こうした、高額融資の場合に差がつくことが、頭に残っていたのでしょう。高額になったら、銀行カードローンを利用しましょう。

 

消費者金融は、借金一本化に積極的

消費者金融は額が少ない時に利用すると良いのですが、それと、審査に通りやすいということ、おまとめローン、ということを売り出していること、があります。

 

比較に出した金利の例でもわかりますが、銀行は、銀行カードローンを借金の一本化に使えますよ、という程度ですが、消費者金融はおまとめローン、という形で一本化を商品として売り出すことに積極的です。

 

ですから、低額の場合は消費者金融なら、審査も通りやすく、さらに金利も安いというメリットがあるので、300万円程度の範囲までは、消費者金融での一本化がおすすめだといえます。

アイフル以外と比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日