MENU

銀行は借金を一本化することをあまり歓迎しません。

借金を一本化するなら、消費者金融を利用するよりは銀行を利用した方が良いということは大勢の方がそう感じているはずです。それは、銀行は消費者金融と比べ、一本化する際も金利が低く、なおかつキャッシングができる金額も大きいからそう感じるのでしょう。

 

これは、間違いではありませんが、銀行で借金を一本化する際には、不利な点も存在するということも理解しておく必要がありますので、次からご紹介していきます。

 

銀行では借金を一本化する際の審査が厳しい

銀行で借金を一本化する際に最もネックとなるのが、審査が厳しいことであり、いくら低い金利で多くのお金をキャッシング出来たとしても、それが審査で合格した上での話であります。借金の一本化する際に、最もポイントとなってくるのは、金利やキャッシング出来る金額ではなく、借金の一本化が可能となるところまで行くことだと言えるでしょう。

 

複数の会社からキャッシングを行っている方が真っ先に考えなければいけないのは、複数の会社からの借金を1つにすることであり、金利、キャッシングが可能な金額についても、無視してはいけないのですが、まずは1つにすることを考えなければいけません。1つにまとめてしまうことで、金利も大幅に低くなることでしょうし、現在存在する残りの借金の金額も把握しやすくなりますので、返済することに対してのやる気も変わってくるのです。

 

さらに、一本化する前であれば、1社1社の返済の度にかかっていた時間や手数料をかからなく、もしくは少なくすることが出来ますので、お金にも若干余裕が出てきます。以上のことからも、一本化することがいかに大事かがお分かりになり、それが金利が高いとされている消費者金融であっても、大きな利点があるということが理解できたと思います。

 

金利や手数料が安い分、おまとめすることが難しい銀行

前述でも示した通り、複数の会社からキャッシングをしている方は、まずは一本化することが重要です。とはいえ、どうしても銀行での一本化が必要な方にとっては、銀行という性質上、審査は厳しく行われるといったことから、お申込みを踏みとどまってしまう方も少なくないようです。そして、これが銀行でおまとめをする際の不利な点とも言えるでしょう。

 

消費者金融と比べると、おまとめローンの利用は歓迎されません

銀行におけるキャッシングの審査が厳しいというのは、ここ最近の話ではなく、何年も前からそう言われています。さらに、それが借金を一本化するとなると、なおさらです。このように、銀行においては、おまとめローンの利用は歓迎されなく、銀行側もおまとめローンおまとめローンと呼ばれるサービスが存在しないことからもそれが見て取れます。

 

”一本化やおまとめとして利用できます”ということだけは書かれています

銀行のカードローンのサイトなどを見ると、一本化やおまとめとして利用できるといったことが掛かれていますが、それはただ書かれているだけであり、実際にそれに関しては、あまり積極的ではありません。

 

前述の通り、銀行は消費者金融とは異なり、借金の一本化を目的としたサービスが用意されていなく、その意味合いに近いものとして、一応イオン銀行では、”ネットフリーローン”というものが存在しますが、これもフリーローンであって、おまとめに特化したものではありません。

 

銀行とは違い、消費者金融ではおまとめに特化したローンが存在します

消費者金融では銀行では違い、おまとめに特化したサービスが用意されています。その一例を挙げると、アイフルでは、”おまとめMAX”、以下、アコムは”借り換え専用ローン”、プロミスは”おまとめローン”となります。このように3社それぞれで異なった名前となっていますが、これらは会社側で決めた名前であって、正確に言えば、”貸金業法に基づく〜”といった少し難しい名前となります。

 

以上の通り、消費者金融ではおまとめに特化したサービスが存在しますので、銀行とは違い、おまとめに関しては歓迎していると見ることが出来るでしょう。そしてそれとは逆に銀行では借金の一本化をする際の審査は厳しく行われるということも頷けます。

 

消費者金融がおまとめに特化したサービスを用意している理由

消費者金融がおまとめすることに積極的なのは、消費者金融では総量規制が適用されることが関わっています。反対に銀行は総量規制が適用されないので、おまとめをする際など、キャッシングをする金額が多くなったとしても問題ありません。

 

そして、総量規制が適用されることで、キャッシング出来る金額に制限がかかり、そのため、おまとめをしたくても出来ないということがあるのです。それを解決するために、消費者金融ではおまとめに特化したサービスを用意していると見ることが出来るでしょう。

 

銀行がおまとめとしての利用を歓迎しない理由

単刀直入にいうと、それはおまとめとして利用する方に対しての審査に手間がかかるからです。当たり前のことですが、おまとめを希望される方というのは、それまで色々な会社からキャッシングをしているので、それを全部調べるとなるとかなりの労力となります。

 

おまとめを利用しない比較的少額のキャッシングであっても、審査には時間がかかるので、銀行側が歓迎しない理由もわかる気がします。

 

借金の一本化を利用しようとしている人は、複数の会社から借金をしている

当然、借金の一本化を利用する人というのは、複数の会社から借金をしているわけですから、破産の危険性がある人も含まれていることは十分考えられます。

 

そのため、銀行側としては、審査も普通の時とは違い、なおさら慎重になる必要があるというのは言うまでもありません。そして、そういった危険性や審査にかかる時間などを踏まえると、おまとめして利用させることに対しての利点が感じられない、と思ってしまう銀行も多数存在するようです。

 

なかにはおまとめとしての利用を歓迎している銀行も存在します

これまで、銀行はおまとめしての利用を歓迎していないというお話をしてきましたが、実はイオン銀行、オリックス銀行、そして、楽天銀行においては、他の銀行とは異なり、おまとめをすることを歓迎しているようです。これは、上記の3つの銀行では、他の消費者金融などから顧客を奪い取ることで、相手側の利益を自分の銀行の利益とすることが出来ると考えているのです。

 

ごく当たり前に聞こえますが、おまとめを利用する人というのは、皆が複数の会社から借金をしており、危険なのですが、それでももし、それを全部返済してくれたら、多くの利益を獲得することができることになります。上記3つの銀行ではそれを狙っているのです。

 

つまり、銀行でのおまとめを検討しているなら、上記の3つの銀行のいずれかにお申込みした方が賢明と言えるでしょう。是非、覚えておいてください。

アイフル以外と比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日