MENU

キャッシング審査を通りたいのなら嘘は厳禁

お金を借りたいときは、キャッシングを行っている会社に申し込んで、必要な情報を提出し、審査を受けます。見事審査に通れば、お金を借りることができます。

 

昔は消費者金融でお金を借りるというと、いかつい男たちに取り立てをされるというイメージとセットになった、暴力的な印象があるかもしれませんが、現在ではそういった取り立ては一般的な企業に借りているかぎり、まずありません。

 

またお店に行って借りる手続きをしなければならない、と思っている人もいるでしょうが、自動契約機という機械を使って借り入れの申し込みをする方法や、インターネットを使った申し込みもできるようになっていて、すぐに借りたい人や、家にいながらにして借りたい人など、いろいろな顧客に応じて進化しています。

 

さて、実際に借りたい場合、どういったことをするのでしょう。注意点も含めて見ていってみましょう。

 

審査に通るコツがある?

キャッシング審査には、いくつかポイントがあります。それを押さえておくと、なにも意識していないよりもぐっと借りやすくなるでしょう。

 

借り入れは少なめ申告が借りやすい

お金を借りたい場合、どうせだったら上限の額を多めに言っておいて、その中で少なめに借りておくことができれば、もしもの場合にも備えられるので安心です。しかし企業側から見れば、たくさん借りられて、回収できなければ大きな損失ですのでリスクが高く、上限の申込金額が高ければ高いほど審査は通過しにくくなります。また、少なめに借りて、きちんと返すと、この人は返してくれる人なのだな、という印象を与えられるので、今後のことを考えるなら、多めの申告よりも、きちんと返せることを見せるのが良いでしょう。

 

基本だが、データ入力は正しく

住所、氏名、年齢、電話番号、勤務先についてなど、個人を特定する内容や収入の状況を提出します。その際、連絡が取れないようではまずいですし、また審査の過程で金融会社には、勤務先に、本当に勤務しているのか確認の電話をかけるという作業もあります。その際、消費者金融ですが、と名乗ることはないので安心ですが、この電話番号に誤りがあると借りられません。無意味な手間をかけないようにしましょう。

 

嘘をついたら信用大幅減

また、間違っているのではなく、嘘をついているとわかったら、その時点で審査は通りません。また場合によっては、嘘をつく人間だというデータを残されてしまうかもしれないので、信用を大きく失い、その時だけでなく今後に影響が出るかもしれません。嘘を見抜く立場でもある金融会社ですから、騙そうとするのも危険でしょう。

 

まとめると

  • 限度額は適正額を。
  • データは丁寧に。
  • 嘘は論外

ということです。

 

要は、素直にやればいい

審査を通るためにやることは、素直に、ありのままを見せることが大切です。それで通らなければ、つまりそういうことなのです。嘘をついたりしても後で苦しくなるだけです。

 

金融会社は企業間のつながりも強いですから、おかしな人はすぐ排除されます。誠実を心がけましょう。

アイフル以外と比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日