MENU

いまCMなどで話題の無利息キャッシング。アイフルはどうなの?

キャッシングを利用するにあたってどうしても考えなくてはいけないのは「利息」のこと。キャッシングを利用する際に一番重要なのは期日内にきちんと借りたお金を返せるような返済計画ですが、その時に借りたお金には利息がかかってくるので、その分もしっかり考えておかなくてはなりません。

 

例えば利息を含めると実際全部でいくらを返さなくてはならないのか、月々いくらの返済なら利息が少なくて済むのか?といったようなことですが、正直なところ利息の計算は少々難しいところがあるので、キャッシング初心者の人には迷うことばかりかもしれません。

 

そう考えたときに一番簡単に、賢くキャッシングを利用するやり方は、まずは場合によっては完全に利息のことを考えなくてもよい、無利息キャッシングを使って利息分をできる限り少なくしてしまう方法です。

 

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間※

※はじめての方

 

その他のカードローンと比較する

消費者金融総合ランキング

 

アイフルもついに無利息サービスに参入

キャッシング会社大手のアイフルを知らない人はほとんどいないでしょう。このアイフルはこれまで無利息キャッシングのサービスは取り扱っていなかったのですが、2016年の2月28日からついに無利息キャッシングサービスの取り扱いを開始しました。

 

アイフルの無利息サービスの内容はアイフルのキャッシング商品のうち、無担保キャッシングローンの初回契約者を対象にしたものになっています。契約日の翌日から30日の間がキャッシング残高に対して利息がかからないというもので、他社ですでにキャッシングを受けたことがある人でもアイフルとしては初回のキャッシング契約ならばこの無利息の権利が使えます。

 

アイフルの無利息キャッシングで注意しなくてはならないところといえば、アイフルでは無担保キャッシングローンの他に、事業サポートプランやおまとめMAX、かりかえMAXといった商品を取り扱っていますが、これらのサービスでは無利息サービスは受けられないことこと、無利息期間の30日を過ぎると、ここからキャッシング残高に対して4.5%〜18.0%の利息がかかるようになってくることです。

 

こうしたことさえ気をつければ無利息キャッシングは非常に心強い味方です。無利息キャッシング利用してみたいと思う人は、アイフルに申し込んでみる価値は十分にあると思います。

 

いろいろな無利息キャッシングの利用方法

一口にキャッシングといってもお金が必要な時期や期間、金額、返済方法などは借りる人によって様々に違うはずです。ということで、無利息キャッシングを少し例外的な使い方をした場合に利息はどうなるのかについて説明しておきます。

 

無利息期間中に追加融資を受ける

仮に融資審査で20万円までの融資枠がもらえたとします。ただ、その時に必要だったお金は5万円だったので、5万円だけ借りる契約をしたのですが、その10日後にまたお金が必要になって、まだ融資枠が残っているので10万円を追加で借り入れて、都合15万円の借り入れを行ったとします。

 

この時、借り入れたお金に対する利息は30日を過ぎた時点で残っている借入残高に対してかかってくるようになります。つまり、始めの5万円を借りた翌日から30日以内に15万円全額を返済していれば利息は0円ということになりますが、15万円のうちの3万円をを30日以内に返済していたら、残りの12万円に対して無利息期間終了後から利息が掛かってくることになります。

 

いったん初回融資分を全額返済してから新たに借り入れを行った

前の例は一回目に借り入れたお金を全額返済する前に追加で借り入れを行った場合ですが、今度は無利息期間中に一回目の融資を完全に返却したあとに再度この期間中に借り入れを行った場合です。具体的に言えば3万円を借り入れて例えば10日後に3万円を全額返済、その10日後にまたどうてもお金が入用になったのでまだ無利息期間が残っていますのでまた4万円を借り入れたような場合です。

 

これに関しても前の例と同じように無利息期間が終了した時点での借り入れ残高に対して利息がかかる仕組みですので、当然最初の3万円については30日以内で返済が完了していますので利息は0円です。二回目に借りた4万円についても初回契約の翌日から30日以内の無利子期間内に返済が完了していればこれも利息が0円で、この期間終了時点の借り入れ残高に対して利息がつくことになっています。

 

覚えておきたいキャッシングのコツ

アイフルの無利子期間の起算日は「初めて契約した日の翌日」から30日間です。これはどういうことかというと、ついお金が必要な日に融資が間に合うのか心配になって、早め早めに申し込みを済ませておきたくなるというが人情というものですが、例えば本当にお金が必要な日は1週間後なのに、つい早く申し込んで契約をしてしまったとします。

 

そうなると無利息期間は実際にお金が必要になる日より前から始まってしまいます。お金をその日のうち入金してもらうかどうかは別として「必要な日」で考えると本当は30日ある無利息期間が「30日‐1週間」で実質23日しかなくなってしまいます。

 

つまりアイフルの無利息サービスを賢く使うには、できるだけお金が本当に必要な日に近づいた時にサッと借りてしまうことです。アイフルでは平日の午後2時までに手続きが完了していれば即日銀行振り込みを行ってくれますし、申し込みが午後2時を過ぎてしまった場合でも契約ルームで手続きすれば、その場でコンビニなどのATMで利用できるローンカードを発行してくれますので、こちらでも即日のうちに必要なお金を手にすることができるようになります。

 

このようにアイフルの無利息キャッシングサービスを利用するときは「即日借り入れ」で融資を受けるやり方が、利息を最小限に抑えられる一番の賢い方法になると言う訳です。

 

参考記事:キャッシング初めての方が知っておきたい消費者金融を選ぶ5つのポイント | 消費者金融ALLガイド

アイフルでも無利息サービスがスタートに!他社との違いは?

テレビで度々放映されているキャッシング業者のコマーシャル。その中の多くの業者が無利息サービスをセールスポイントにしています。無利息サービスを実施している大手キャッシング業者には、アコム、プロミス、レイク、ノーローンがあります。そして2016年から新たにアイフルでも無利息サービスがスタートすることとなりました。

 

無利息サービスとは、その名の通り「一定期間、利息が無い(利息ゼロ)」といったサービスです。そして同じサービス名でもキャッシング業者によって利用できる回数や利用条件などが微妙に違います。各キャッシング業者のサービス内容の違いを理解し、その情報を上手に活用して、無利息サービスをお得に利用しましょう。

 

返済に役立つ無利息期間サービス!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

アイフル

2016年2月28日から無利息サービスをスタートしたアイフル。初回契約者のみがサービスの対象で、無利息期間は契約日翌日から30日間となります。この無利息期間中であれば、完済して再利用することも、追加の融資を受けるこも、全て無利息で利用できます。

 

アコム

アイフルと同様、初回契約者のみがサービスの対象で、無利息期間もアイフルと同様に契約日翌日から30日間となります。ただし、返済日を「35日ごと」に設定した方のみがサービスの適用対象となることに注意が必要です。

 

プロミス

プロミスでは、メールアドレスを登録するした人とWeb明細を利用した人がサービスの対象となり、無利息期間はアイフルやアコムと同様に30日間です。ただし、アイフルやアコムと異なり、契約日翌日からではなく、初回借入日の翌日から30日間が無利息期間となることに注意が必要です。

 

レイク

TVでコマーシャルが流れることの多いレイク。サービス内容についてはご存知の人が多いかもしれませんが、レイクでもアイフルやアコムと同様に初回契約者のみがサービスの対象です。無利息期間の開始日もアイフルやアコムと同様に契約日翌日からとなります。そしてレイクの特徴的な点は無利息の期間にあります。

 

レイクの無利息期間には「借入額全額を対象にして30日無利息」と「借入額5万円を対象にして180日無利息」の2つのパターンがあり、例えば5万円以下の借入なので180日無利息を選択して無理なく返済したい…といったように、自分で好きなパターンの方を選ぶことができます。

 

ノーローン

ノーローンのサービスはほかのキャッシング業者と色々異なる点があり、まず無利息期間が借入日翌日から7日間といった短い期間になっています。しかし、ノーローンでは初回のみでなく何回でも無利息サービスを利用することができます。したがって、何度お金を借りても最初の7日間は無利息となるといった点がポイントです。

 

利用ケースごとキャッシング業者を選ぼう

契約後すぐには借入を想定していないといったケースであれば、アイフルやアコムやレイクだと契約日翌日から無利息期間が開始されてしまうので、その分損をしてしまうと言えます。従って、借入はまだ先の予定だがとりあえず契約だけはしておきたい…といったケースなら、初回借入日の翌日から無利息期間が開始されるプロミスを選ぶとよいでしょう。

 

また、ノーローンの場合、何度お金を借りても最初の7日間が無利息になるといった点が利用ケースによってはとても有利です。たとえば毎月給料日前はいつもピンチになって借入してしまう…といったケースであれば、1週間以内に完済すれば何回でも無利息で利用できるノーローンを選ぶことがよいと言えます。

 

いかがでしたでしょうか?このようにキャッシング業者によって無利息サービスは微妙に違っていますので、それぞれのサービス内容の違いをよく理解したうえで、ご自分の利用ケースに合ったサービスを提供しているキャッシン業者を選ぶようにしましょう。

アイフル以外と比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日